KYOTO UNIVERSITY LAW SCHOOL
京都大学法科大学院(法学研究科 法曹養成専攻)

HOME > 教育課程
サイトマップ
HOME
法科大学院について
教育課程
目標及び
基本的な考え方
授業科目の構成
カリキュラム
担当教員
入学者選抜
修了者の進路及び活動状況
自己点検・評価
郵便での証明書の発行について
教育支援基金
同窓会
LINK
京都大学
法学研究科
法科大学院協会
独立行政法人日本学生支援機構
京都法教育推進プロジェクト
実務基礎教育の在り方に関する調査研究
LSコアカリキュラム
 
 目標及び基本的な考え方
1. 討議を重視した少人数教育
  法制度を多角的に分析し、批判的思考能力や法的な対話能力を高めるために、討議を重視した少人数教育を行う。また、討議形式による授業の充実を図るために、高度な理論水準を備えるとともに問題探究型の思考を育成しうる教材を用いる。
2. 法制度に関する原理的・体系的理解と論理的思考能力の涵養
  実務への確実な架橋は、堅固な理論的基礎の上にのみ可能である。そのため、本法科大学院は、法制度に関する原理的・体系的理解の習得を図 り、論理的思考能力を十分に養成するため、基礎科目基幹科目の充実に努めている。
また、理論と実務の緊密な関連を図るために、基幹科目をおいては、理論的な科目と実務的な科目を 有機的に編成するよう配慮している。
3. 多様な専門性と総合的な能力の向上
  最先端の法的問題に取り組む能力や、法的諸問題を社会的構造や歴史軸の中に的確に位置付ける広い視野を育成するために、選択科目T及び選択科目Uにおいて、多様な基礎法学・隣接科目及び展開・先端的科目を開設し、各人の目標に従って必要な科目が体系的に履修できるカリキュラム編成を行っている。
4. 創造的な知的探究心の涵養と実務への架橋
  創造的な能力は、自らが創造的な活動に携わることなくして涵養されることはない。このような認識 に立って、本法科大学院は、密度の高い議論が可能な演習形式の授業の履修とリサーチペーパーの作成 を推奨する。また、エクスターンシップなどを実施し、最先端で活躍する実務 家による直接的な指導が受けられる体制を整備している。
   
 
このページのトップへ
Copyright(C)2005-2015 Kyoto University Law School All Rights Reserved.