KYOTO UNIVERSITY LAW SCHOOL
京都大学法科大学院(法学研究科 法曹養成専攻)

HOME > 法科大学院について > 概要
サイトマップ
HOME
法科大学院について
院長入学式式辞
基本理念・教育目標等
概要
近時の取組
認証評価
アクセス
施設・設備
教育課程
担当教員
入学者選抜
修了者の進路及び活動状況
自己点検・評価
郵便での証明書の発行について
教育支援基金
同窓会
LINK
京都大学
法学研究科
法科大学院協会
独立行政法人日本学生支援機構
京都法教育推進プロジェクト
実務科目等の内容の明確化・標準化の調査研究
LSコアカリキュラム
 
法科大学院について
 概要
1. 名称
  京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻  KYOTO UNIVERSITY LAW SCHOOL
(京都大学法科大学院)
2. 設置者
  国立大学法人 京都大学
3. 所在
  京都市左京区吉田本町 京都大学吉田キャンパス → [MAP]
4. 標準修了年限
  3年(法学既修者については2年)
5. 学位
  法務博士(専門職)
6. 入学定員・収容定員及び在籍者数
 
入学定員  160名  
  法学未修者枠(3年制):35名程度
法学既修者枠(2年制):125名程度

→ [入学者選抜]

収容定員 480名  
在籍者数  355名(平成28年4月1日現在)  
  第1年次 : 38名
第2年次 :171名
第3年次 :146名
 
7. 担当教員
  本法科大学院は、その基本理念に基づいて最高水準の法理論教育を行うため、25名の研究者専任教員を配置するほか、 研究科全体で責任ある教育体制を確立し、充実した科目展開を行っている。
また、法科大学院教育の柱である理論から実務への架橋を確実に図るため、豊かな実務経験と高い識見を有する9名の 実務家専任教員(うち、法科大学院特別教授5名)を司法、行政の分野から招いている。
その他にも、多数の優れた研究者・実務家を客員教授・非常勤講師として招き、多様な科目を提供するほか、多くの法律事務所の協力を得てエクスターンシップを実施し、最先端で活躍する実務家による直接的な指導が受けられる体制を整備している。

[担当教員一覧]
 

8. 入学金・授業料
  平成28年度入学金は28万2000円、年間授業料は80万4000円である。
9. 学生支援等
 
(1) 奨学金
  健康かつ学業成績が優れた者であって、経済的な困窮のために就学に支障のある者に対しては、選考の上、奨学金が貸与または 給与される。
京都大学で取り扱っている奨学金には、独立行政法人・日本学生支援機構、地方公共団体並びに民間 育英団体の奨学金がある。
(2) 入学料・授業料の免除と徴収猶予
  経済的理由により入学料・授業料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる者を対象に、学内機関の選考に基づいて、入学料や当該期分の授業料の全額または半額について、免除または徴収猶予が認められる。
(3) 京都大学法科大学院教育ローン
京都大学法科大学院の学生(合格者を含む)または学生の親、または配偶者で、定められた条件を充足する場合、申し込むことができます。
提携銀行 :三井住友銀行(京都支店)

詳しくは、京都大学ホームページ(教育・学生支援)を参照。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/education-campus/
10. 法学研究科・法学部教育
  → [法学研究科・法学部]
   
 
このページのトップへ
Copyright(C)2005-2016 Kyoto University Law School All Rights Reserved.