教員プロフィール
松井 保仁  (まつい やすひと) 非常勤講師
本 務
弁護士・弁理士・ニューヨーク州弁護士
担当科目
企業法務2
主要研究テーマ
知的財産法・国際商取引法
学歴・学位
平成10年3月 京都大学法学部卒業
平成16年5月 ミシガン大学ロースクール修了(LL.M.)
職 歴
平成12年4月 弁護士登録(52期)
平成16年1月 ニューヨーク州弁護士登録
平成24年5月 弁理士登録
平成25年〜平成27年 京都大学産官学連携本部法務部門上席専門職(非常勤)
現在、弁護士法人三宅法律事務所パートナー
最近5年間の主要研究業績
著 書
・「共同研究開発契約ハンドブック―実務と和英条項例(別冊NBL No.149)」オープン・イノベーション・ロー・ネットワーク編(共著)(商事法務)2015年
・「特許審決取消判決の分析―事例からみる知財高裁の実務(別冊NBL No.148)」大阪弁護士会知的財産法実務研究会編(共著)(商事法務)2015年
・「不正競争防止法コンメンタール<改訂版>」(共著)(レクシスネクシス・ジャパン)2014年
・「事業再生の迅速化」事業再生迅速化研究会編(共著)(商事法務)2014年
・「アメリカ倒産法 - Understanding Bankruptcy 2nd Edition - <上巻><下巻> (LexisNexisアメリカ法概説G)」(共訳)(レクシスネクシス・ジャパン)2011年-2012年
論 文
・「臨床企業再生(第43回)会社更生の新たな試み:組織の再編と更生計画案の策定−穴吹工務店グループ会社更生事例報告(下)」穴吹工務店グループ法律家管財人団(共著)(季刊事業再生と債権管理No.142)2013年
・「現代社会における著作権問題(第11回)(公開著作物の利用)」 (知財ぷりずむ Vol.11 No.126)2013年
・「倒産実務の国際的側面に関する諸問題(事業再生迅速化研究会[第2期]報告5)」(共著)(NBL994-995号)2013年
・「前文・定義・対象特定・業務分担・情報交換等(共同研究開発契約の理論と実務(第3回))」(共著)(NBL969号)2012年
・「共同研究開発契約総論(共同研究開発契約の理論と実務(第1回))」(共著)(NBL966号)2011年
・「CISGの適用範囲(国際物品売買契約に関する国際連合条約(CISG)のシリーズ解説(第1回))」(国際商事法務 Vol.39 No.7)2011年
・「実施料収入を確保するための条項(ライセンス契約法律相談Q&A(第12回))」 (知財ぷりずむ Vol.9 No.102 )2011年
その他
・京都大学全学共通科目【知的財産論U】共同担当(平成26年〜平成27年)
・京都大学全学共通科目【知的財産戦略と法務】共同担当(平成27年)
Copyright(C)2016 Kyoto University Law School All Rights Reserved.