教員プロフィール
和久井 理子 (わくい まさこ) 非常勤講師
本 務
大阪市立大学・大学院法学研究科特任教授
担当科目
競争政策と法
主要研究テーマ
独占禁止法及び競争政策に関する諸問題
学歴・学位
平成 5年 3月 京都大学法学部卒業
平成10年 4月 京都大学大学院法学研究科修士課程修了
平成12年 3月 京都大学大学院法学研究科後期博士課程中退
平成23年11月 京都大学 博士(法学)取得
職 歴
平成 5年 4月 シャープ株式会社法務本部
平成12年 4月 大阪市立大学大学院法学研究科准教授
平成22年 4月 大阪市立大学大学院法学研究科特別研究員(平成27年3月まで)
平成24年 4月 立教大学法学部特任教授(平成28年3月まで)
平成27年 4月 大阪市立大学大学院法学研究科特任教授
最近5年間の主要研究業績
著 書
・技術標準をめぐる法システム―企業間協力と競争、独禁法と特許法の交錯(単著)(商事法務 2010年9月)
・Antimonopoly Law: Competition Law and Policy in Japan(単著)(abramis 2008年11月)
・論点解析 経済法(共編著)(商事法務 2014年10月)
・ベーシック経済法 -- 独占禁止法入門 第4版 (共著)(有斐閣 2014年5月)
・金井貴嗣・川M昇・泉水文雄編著『独占禁止法[第四版]』 第8章「知的財産権と独占禁止法」(分担共著)(弘文堂、2013)
論 文
・公正な労働条件の確保と競争・入札制度―EU公共調達指令を中心に―大阪市立大學法學雜誌(2016年近刊)
・Regulating abuse of superior bargaining position under the Japanese competition law: an anomaly or a necessity?(Masako Wakui & Thomas K. Cheng (共著))J Antitrust Enforcement 3(2) 302-333 (2015年10月)
・EU競争法における「支配的地位」概念について ・大阪市立大學法學雜誌61(3) 787-759 (2015年9月)
・公務員の談合関与行為とその規制 : 入札談合関与防止法の執行状況について・大阪市立大學法學雜誌 60(2) 780-813 (2014年1月)
その他
・公正取引委員会競争政策研究センター共同研究報告書(共著)「諸外国における競争法適用除外制度の動向及び同制度撤廃が市場に与える影響」(外航海運・オーストラリアほか諸国)(近刊)
・公正取引委員会競争政策研究センター共同研究報告書(共著)「EUのリニエンシー制度の研究」(2014年12月)
学外での活動
平成13年 7月 公正取引協会横田正俊記念賞受賞
平成23年10月 モバイル・コミュニケーション・ファンドドコモ・モバイル・サイエンス賞 奨励賞 受賞
平成24年 1月 大隅健一郎賞受賞
平成28年 3月 大阪府労働委員会公益委員
平成28年 4月 公正取引委員会競争政策研究センター主任研究官
Copyright(C)2016 Kyoto University Law School All Rights Reserved.