教員プロフィール
児島 幸良  (こじま ゆきなが) 客員教授
本 務
弁護士(弁護士法人琴平綜合法律事務所)
担当科目
ビジネス法務調査とプレゼンテーション
学歴・学位
平成 4年 3月 京都大学法学部卒業
平成 6年 3月 京都大学大学院法学研究科修士課程修了
平成14年 6月 ハーバード大学・ロースクール(LL.M.)修了
職 歴
平成 7年 4月 司法修習生(49期)
平成 9年 4月 弁護士(森綜合法律事務所勤務(現:森・濱田松本法律事務所))
平成14年 9月 弁護士(Morrison & Foerster 法律事務所出向)
平成15年10月 任期付公務員(金融庁総務企画局企画課出向)
平成28年 1月 弁護士(小松綜合法律事務所勤務 (現 弁護士法人琴平綜合事務所))
最近5年間の主要研究業績
著 書
・「企業犯罪と司法取引」(金融財政事情研究会)(共著)2017年
・「クロレラチラシ配布差止等請求事件最高裁判決と消費者契約法改正」(No.1091,NBL)2017年
・「改正消費者契約法と金融実務」 (No.2045,金融法務事情)2016年
・「民法(債権関係)改正の経過措置規定が金融実務へ与える影響」(No.2032,金融法務事情)2015年
・「消費者契約法改正の最新動向と金融実務への影響」(No.2026,金融法務事情)2015年
・「管理者のためのコンプライアンス[改訂第5版]」(全国地方銀行協会)2014年
・「日証協高齢者ガイドラインに関する実務対応のポイント」(金融法務事情1993号)2014年
・「金融ADRの法理と実務」(金融財政事情研究会)2012年
・「企業不祥事の防止と監査役」(562号,月刊監査役臨時増刊号,社団法人日本監査役協会 ケース・スタディ委員会編)2009年
論 文
 
その他
・中央大学法科大学院非常勤講師【企業金融と法】(平成19年4月〜平成28年3月)
・早稲田大学大学院法務研究科教授(平成21年4月〜平成26年3月)
・法務省・日本法令外国語訳推進会議構成員(平成21年〜)
・日本証券業協会 外務員等規律委員会委員(平成22年〜)
・特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センターあっせん委員(平成22年〜)
・早稲田大学大学院法務研究科客員教授【企業法務調査とプレゼンテーション】(平成26年4月〜現在に至る)
・同志社大学大学院 司法研究科 ビジネス法務教育スーパーバイザー(平成28年4月〜)
Copyright(C)2016 Kyoto University Law School All Rights Reserved.